カリーブルストって? – Was ist CW?

カリーブルスト = カリー(カレー)・ブルスト(ソーセージ)
ひとくちに切ったソーセージにソースをかけカレー粉がかかったお手軽グルメ。
ドイツで1940年代後半から60年以上食べられている国民食です。

Was
ベルリンが発祥とされ、ヘルターホイヴァーという人が最初に売り出したと言われていますが、ハンブルクやエッセンが発祥という説もあり、何が正しいかはドイツ人でもよく分かっていません。
ただ、ベルリンにはカリーブルスト博物館があるほか、100件以上のカリーブルスト店があり人気店には常に行列が出来ています。ベルリン名物というのは揺るぎないです。
その後もちょこっとづつドイツ各地に出向いていますが、カリーブルスト店がなかった地はないのでドイツ人の国民食でもある証拠でしょうか。
ベルリンのKnoppike’s ・、Curry sechsunddreißig、フランクフルトのBest Worscht in town・抜群の人気を誇る地元有名店も数多く存在します。
Was02

また、看板商品が店舗名!当店と同名のお店もドイツ国内に存在している様です。ここにも一度行ってみたいですね・・・。(2014年現在、未訪問)

当店では、柔らかい食感と香草が効いている白いソーセージ、(Geschwollene/ ゲシュウォレネ)
絹引きのなめらかな食感で燻製の効いた赤ソーセージ(リーゼンボック/ Riesenbock)の2種類をご用意しています。
ブロートヒェン(小さいパン)やポンフリ(フライドポテト)が一緒にサーブされることが現地では一般的なので、是非セットにしてお召し上がり下さい。