店長から、お礼にかえて

店長から、ご挨拶にかえて。

ドイツではベルリンをはじめとして全土でお店があるimbiss。

(インビス:カリーブルストなどを提供する軽食店の総称)。

 

お店を始めてから予想をはるかに超える色々なことを知ることが出来ました。

 

皆さんが旅行で食べた時の経験やドイツ在住時代を懐かしんでご来店さる方も多くいらっしゃいます。

 

『そのまま再現されていた!』と喜んでお帰り頂く方もいれば、

 

「自分が食べたものとは違ったナァ・・・」とガッカリしてお帰りになる方まで様々ですが、

 

私たちは皆さまからのひとつひとつの思い出・体験話がうかがえる事を嬉しく思っています。

 

ドイツ国内の各地各様のカリーブルストがあり、オランダやスイスにも近いものがある、というお話から

 

ソーセージの違い・ソースの違い・付け合わせに色々な物が添えられていることなど。

 

それぞれの地方にそれぞれの方式があって、それぞれ自分の食べたのが一番美味しい!と主張される(笑)

 

たくさんのお話を聞いているうちに各地で作られるソーセージの種類の数だけカリーブルストが存在して、

 

ソースも付け合わせも異なる、日本のお雑煮に近い文化的国民食なんだな、と感じます。

 

私たちが日本でお店を創る際に目標としたお店がフランクフルトに現存していて訪独の度に食べました。

 

ドイツ在住ではない日本人では一番食べているのでは?と思えるほどの回数です。

 

ですが、それは誕生の地でありベルリンとは異なるスタイルでどちらかに合わせると良さが減ってしまう。

 

あちらの良い点とこっちの優れた面を両立できないものか。

 

悩みました・・・

 

食べ続けました・・・

 

結局、各地にあるそのお店であり、人であり、それらが好きで通い続けている方々が

 

造り出すそこの空気感まで含めてそれぞれの良さが成立しているんだな、

 

と言うことに気が付くまで食べ続けました。

 

気が付いた時に、B級なファストフードではありながら

 

スローフード的な食文化を持ったこのカリーブルストがますます好きになりました。

 

 

カリーブルストを食べ歩いた経験だけならば豊富だろうと自負しています。

 

その中で、この小さな小さなお店でひとつのスタイルに絞ることは困難ではありましたが、

 

いまご提供できる最高の商品をお出ししています。

 

ですが、日本の方の口に合う最低限の改良は取り込んでいます。

 

ドイツのどこにでもありそうで、実はどこにもない日本オンリーのお店。

 

そんなお店であり続けます。

 

━━━━━━━━━━━━

ドイツの方々に根強い人気がある食文化を紹介する

“食を通してドイツと日本を繋ぐ”お店であればいいなと思います。

訪独・在独していた頃を懐かしむ方や、訪独ご旅行前の予行演習に、

現地情報ないの?と訪ねていただける方から

それらは、まぁ・・・いぃとして(笑)近隣お店さんのお買い物途中にちょっと立ち寄り!

と、コーヒー・ビールで一息つきたい方やお昼時には気軽にソーセージランチを楽しみたい方まで。

ご来店の皆さまがそれぞれに気軽なドイツ体験を楽しんでいただければ嬉しくおもいます。

皆さまに会えることを楽しみに、今日もお待ちしております。

店長敬白。