カリーブルスト物語

カリーブルストとの出会い

私とカリーブルストとの出会いは、2006年ドイツワールドカップの年でした。
wm06
サッカー好きの私は、日本戦だけではなく、その他の国同士の試合も見るためにドイツ国内を転々としたわけですが、 ホテルもろくに取れず、どこにいってもレストランも一杯なので、食事は自然とファストフードばかりになります。ドイツのファストフードといえば、もちろんソーセージ。そして、ビール。駅構内や、ショッピングセンター、街中で。人が集まるところにはどこにでもIMBISS(インビス)と呼ばれる軽食スタンドがあって、美味しそうな焼きソーセージを山ほど並べて売っています。
少し小さめの丸いパンに、パンからはみ出る大きなソーセージ。はじめて見た時はその迫力に圧倒されました。ソーセージとパンを食べるというより、 ソーセージを食べてからパンを食べると言えばいいのでしょうか。いわゆる日本で言うところの、フランクフルトタイプや、白いソーセージ、黄色いソーセージなどなど・・よくわからないソーセージが何種類もあるのですが、名前もわからないので、指をさして買うことになりますが、何を買ってもとにかく美味しい。

美味しい上に種類も多く、味も多様なので飽きることなくソーセージばかり食べ続けていました。
日本でソーセージを沢山食べると胸やけがするのですが、ドイツだと食べ続けても大丈夫。 典型的なB型の私は、ドイツで食べると雰囲気もいいから、沢山食べれるのだろうと思っていたのですが、それは勘違い。後にソーセージマイスターのお話を伺うと、ドイツは肉の使用割合が多く、日本は油の使用割合が多いからそうなると聞きました。私の胃が正しいことが証明され、ちょっと安心しました。

それらのインビスに連日通っていて、不思議なたこ焼きのような物を食べている人たちが気になり始めました。
それは、焼きソーセージをブツ切りにして、上から謎のソース(カレーケチャップということが後に判明)、黄色い粉(カレー粉)、 赤い粉(これは店によっていろいろ)を振りかけて、つまようじのようなピックでパクパクと美味しそうに食べています。 まるで日本のたこ焼きのような不思議な食べ物でした。
聞いてみると、カリーブルスト(Currywurst=カレーソーセージ)と呼ぶらしい。 恐る恐る頼んで食べてみたら、ビックリするほど美味しかったんです。 自他共に認めるカレー好きの私にとって、衝撃的な出会いでした。 情けなくも、ドイツに何度も行っているのに、存在を知りませんでした。

その日から、毎日カリーブルストを食べ続けました。
とにかく美味しい上に、店によってスタイル・味が全然違います。 地域によっても全然違うので、これこそ全く飽きないうえ、皿の上に残ったソースをパンにつけて食べるとまた美味い。 ビール無しでも美味しいですが、これにドイツビールがあれば、それ以外に何も必要ありません。

それから、年数回ヨーロッパに出張に行っていた私は、会社に黙って(笑)必ずドイツ経由で行くこととなりました。